いぶろぐのガジェット日記

いぶろぐのガジェット日記

ガジェット関連の記事を、ぽつらぽつら更新します。

【Hackintosh】macOS 10.14 Mojave の夢を見た



こんにちは。

そろそろ梅雨で嫌な気分です。

今日は昨日発表された、「macOS 10.14 Mojave」が、私の自作PCで動いている夢を見ましたので、報告まで。


PC環境


こんな感じです。High Sierraの夢を見た時とだいたい同じ。




夢を見る手順


今回もSierra→High Sierraへのアプデ時と同様、ほとんど苦労せずアプデできました。

やったこととしては、

  • Clover Bootloaderを最新のr4515にする(2018/06/06現在)

  • apfs.efiをインストールappから抜いて置き換える

以上です。

数分触っただけですが、問題なく動いてそうです。

Haswell+RX480の組み合わせは鉄板ですね。

以下過去の夢日記です。

【Hackintosh】macOS Sierraの夢を見た【HandoffとかRX480】 - いぶろぐのガジェット日記

【Hackintosh】macOS High Sierra の夢を見た - いぶろぐのガジェット日記

せっかくなのでダークモードで...




感想


最近はメジャーアップデートでもほとんど修正せずに対処でき、助かります。

アクセント色を変えたりして遊んでいます。

おわり。


P.S.


iOS12のベータ版、ベータとは思えぬ安定感。

そしてミュージックアプリで歌詞表示が復活している...!!

【LUVVITT】Apple Watch アルミモデル のバンドアダプタをやっと見つけたお話



こんにちは。

引っ越しも終わり、暇を持て余している今日この頃です。

今日は長年探し求めていた、「Apple Watch アルミモデルに合うバンドアダプタ」を、ようやく見つけたお話です。


代表的なアダプタ「Click」


代表的なアダプタはこれ。

Click - SEVENSIXTEEN

私もアルミモデル買ってみました。

結果は...全然ダメ。

もう本当に全然ダメだったので捨ててしまい画像はありませんが、アルミホイルを固めて作ったような質感でした。

Apple Watch アルミモデルのあのマット感はゼロ。

諦めきれないので、Aliexpressの海に飛び込みアダプタを探してみました。


画像ではイケてるが...


次に買ったのはAliexpressの無数にあるアダプタのうち、画像の質感がよかったもの。

今調べるとAliexpressから消えていました。

結果としてはこれもダメ。完全にステンレス向けでした。


最後にたどり着いたアダプタ「LUVVITT」


最後にたどり着いたのがこれ。

LUVVITT Stainless Steel Adapter for Apple Watch - Amazon.com

もうほとんど諦めかけていたのですが...

これが非常によかった。

ネジでチューブを止めます。

このネジ、若干品質にばらつきがあるようで、最初に本体についているネジの品質が悪くチューブが外れてしまうことがあります。

ネジが4つバックアップ用に付属しているので、その中から品質のいいネジを見極めてください。

Apple Watchにつけるとこんな感じ。

若干色味が違いますが許容範囲です。

Amazon.comで購入して、2週間くらいで届きました。


アルミのアダプタはなかなかない


Apple Watch アルミモデルにつけるアダプタはなかなかありません。

純正の革ベルトも、アダプタ部分はステンレスモデル用に作られているため、アルミにつけると浮きます。

Apple Watch アルミモデルにつけるバンドのアダプタをお探しの方は、LUVVITTをおすすめします。

おわり。


P.S.


今度はバックルがマットな革ベルトを探すことになりそう...

LiberTV を使って tvOS 11 の Apple TV 4 を脱獄したお話

こんにちは。

花粉症でくしゃみが止まらなくなっています。

今更感がありますが、Apple TV 4@tvOS 11.1を脱獄したので、ざっくり手順を残しておきます。




対応機種(tvOS11-11.1)


Apple TV 4

Apple TV 4K


必要なもの


・LiberTV

http://newosxbook.com/libertv/

・Cydia Impacter

http://www.cydiaimpactor.com/


手順


1.Apple TVとPCを接続


USB-CケーブルでApple TVとPCを接続します。

もちろん電源ケーブルもコンセントに接続しないとPCがApple TVを認識しないので要チェック。


2.Cydia Impacterでipaをインストール


まずはiCloudにて、アプリ用パスワードを作成してください。

https://appleid.apple.com/account/manage

Cydia Impacterの認証に使用します。

Cydia Impacterのウィンドウにipaドラッグ&ドロップ

iCloudのiDと先ほど作成したパスワードを入力。

以上でApple TVにLiberTVがインストールされました。

ちなみに企業用署名ではないので、7日たつと再インストールが必要になります。


3.LiberTVで脱獄


Apple TVのホーム画面にLiberTVがあると思います。

LiberTVを起動し、ボタンを押すだけ。

これで脱獄自体は完了です。

再起動すると再度LiberTVを使用して脱獄する必要があります(いわゆる完全脱獄ではない)。


4.SSH接続


設定などからApple TVのIPアドレスを調べて、SSHでアクセスします。

私はMacから接続しています。

ssh root@appletv.ip.address

パスワードを求められるので、

alpine

と入力してください。

これでApple TVにSSH経由でrootログインできました。


5.その他操作


各種コマンドを有効にするため、下記コマンドを実行してパスを通してください。

export PATH=$PATH:/jb/usr/bin:/jb/bin:/jb/sbin:/jb/usr/sbin:/jb/usr/local/bin:

このままだとセキュリティ的に問題ありなので、rootとmobileのパスワードを変更しておきます。

各ユーザにログインして、passwdと入力して変更してください。

以上で作業は終了です。お疲れ様でした。


脱獄した理由


正直Apple TVの脱獄はあまり需要がないと思いますが、私にとってはありがたい存在です。

というのも、Apple TVの「MrMC」というアプリには正式な日本語フォントが用意されておらず、いわゆる「中華フォント」が表示されます。

MrMCを使ってテレビを見ている私にとっては、EPG情報などが中華フォントで表示されるのはちょっと気になるので、フォントを入れ替えて使っています。

とにかく、開発者様に感謝。

おわり。


P.S.


Apple TVのスクリーンセーバーで、iCloudフォトのアクティビティがうまく表示できないバグは、tvOS11.1以降で修正されているのだろうか...

EPGStation がすごくよかったお話


こんにちは。

そろそろ引越しの準備を始めたいと思う今日この頃です。

最近リリースされた新進気鋭の録画サービス「EPGStation」を使ってみたところ、とてもよかったので本格導入しました。

EPGStation - l3tnun/GitHub

というわけで、よかったところをだらだらと書いていきます。

基本的には、同じくMirakurunを使った録画サービス「Chinachu」との比較という形になると思います。

インストール方法などは各方面をご参照ください。


よかったところ


Windowsにもインストールできる


本来はChinachuもWindowsにインストールできる可能性を秘めていて、実際試している方もいるのですが、EPGStationは実験的ながら正式にWindowsをサポートしています。

なんとなく仮想環境を使いたくない私にとっては大きなメリットです。

導入してから1週間ほど経ちますが、今のところ目立つ不具合もなくきちんと録画できています。

ただ、EPGStationの機能の一つである「EPG情報内の全角英数記号の半角化」はソースをいじって無効にしています。

理由は番組名の「!」がバッチファイルでの遅延環境変数とコンフリクトするからです。

EPGStation/src/server/Util/StrUtil.ts

let tmp = str.replace(/[!-~]/g, (s) => {
            return String.fromCharCode(s.charCodeAt(0) - 0xFEE0);

この部分を、

let tmp = str.replace(/[!-~]/g, (s) => {
            return String.fromCharCode(s.charCodeAt(0) + 0xFEE0);

に変えて、あとは下部の余分な記述を消して使っています。


番組表がヌルヌル動く


これはEPGStationのいいところというより、WebUIのいいところですが...

Chinachuでは若干、というかけっこうもっさりしていた番組表UIが、超絶ヌルヌル動きます。

そしてGoogleがデザイン元であるため、洗練されています。

スマホタブレットでも使いやすいところがグッド。


IPTVに対応


私はApple TVのMrMCでリアルタイム視聴しているので、KodiのIPTV Simple Clientで使える放送局リストのm3u8とEPG情報が記載されたxmlが必要になります。

つい最近まではIPTVの部分だけChinachuと専用アドオンにお任せしていたのですが、先日EPGStationがネイティブでIPTVに対応しました。


APIが充実している


これはChinachuも同じかもしれませんが、外部から利用できるAPIが充実しています。

私は先述したIPTVのAPIのほか、録画済み履歴を1週間ごとに消すためにAPIを利用しています。


EPGStation、ぜひどうぞ


こんな感じでEPGStation素晴らしいです。

開発者様に感謝。

おわり。

Apple TV と MrMC と Chinachu を使ってテレビを観る

あけましておめでとうございます。

今年もどうぞ、よろしくお願いします。

今日は久々にテレビ関係の記事です。

Fire TV から Apple TV へ



今までChinachuのテレビ用クライアントとして、AmazonのFire TVを使っていました。

が、去年の12月からApple TVでもAmazon Primeビデオが視聴可能になったので、これを機にApple TVに乗り換えることにしました。

購入したのは4K対応ではない一つ前の世代のモデルです。

Apple TV で Chinachu を経由しテレビを観る


この記事の本題です。

といっても、ごくごく簡単な作業なのですが...

1. 必要なもの


・ Chinachu γ環境

・ MrMC(Apple TVの有料アプリ)

Apple TVを脱獄している場合はMrMCの代わりにKodiが使えたりします。

・ Chinachu-IPTV-API-addon

(https://github.com/mzyy94/Chinachu-IPTV-API-addon)

Chinachuの導入方法などは割愛。

Chinachu-IPTV-API-addonはもう作者様にはサポートされていませんが、非常にシンプルな作りなので、これからも使えると思います。

2. 作業


1. ファイルをコピー

Chinachu-IPTV-API-addonの二つのファイル(resource-iptv.jsonとscript-iptv.vm.js)をChinachuをインストールしたPCの./chinachu/apiにコピー、Chinachuを再起動。

2. アドオンの動作確認

http://"Chinachuのアドレス"/api/iptv/channel.m3u8

http://"Chinachuのアドレス"/api/iptv/epg.xml

上記のアドレスにそれぞれアクセスし、チャンネルや番組情報が表示されることを確認。

※この時、./chinachu/api/iptv下にはファイルは作成されませんが、問題ありません。

3. MrMC設定

Apple TVのMrMC側で、"PVR IPTV Simple Client"を有効にする。

※このとき、テーマが"Opacity"だとアドオンをいじれないので、"MrMC"にしておく。

4. PVR IPTV Simple Clientの設定

  • 一般/M3U プレイリストのURlに、channel.m3u8のアドレスを入力。

  • EPG 設定/XMLTV URLに、epg.xmlのアドレスを入力。

以上で設定はおしまいです。問題なく設定できていればApple TVでもテレビが視聴可能になっていると思います。

感想


思ったより簡単にApple TVでもChinachuが使えました。

Apple TVに買い換えて良かったところは、

  • モニタがきちんとスリープするようになった(Fire TVは真っ黒な画面を映すだけ)

  • 音量調整ができるようになった(実際にはモニタ側がHDMI CECに非対応で、調整できず...)

  • Amazon Primeビデオがゴリ押しされたホーム画面を見なくていい

  • Apple製品との連携がシームレス(AirPlayとかiCloudとか、Beats Solo3がサクッと繋がるとか)

逆に不便になったところは、

  • Apple TV側で録画予約できなくなった(pvr.Chinachuを使っていないため)

  • リモコンが若干使いにくい

  • Amazonビデオを購入できない
    録画予約の問題は、時間があるときにpvr.ChinachuをビルドしてKodiに組み込むなどして解決できるかもな、と思っています。

総合的には買い換えて良かったです。

おわり。

P.S.


今回の方法を使うと、iPadでもスマートにテレビを観ることができたりします。

Apple Watch で Jetstar に乗ってみた

こんにちは。

いよいよ年末が近づいてきました。

本日はApple WatchでJetstarを利用したお話です。

チェックイン〜搭乗までの流れ


福岡まで行く用事ができたので、初めてLCCを使ってみました。

今までは高速バスで京都〜福岡間を片道10時間くらいで移動していたのですが、流石にキツくなってきたので今回は飛行機で行こうかなと。

国内線は高校時代の修学旅行以来ですね。

1. モバイルチェックイン


Jetstarは出発時刻の48時間前からJetstarのアプリ上でモバイルチェックインというものが利用できます。

モバイルチェックインが可能になるとJetstarアプリに通知が来るので、案内通りに進めればチェックインできます。

注意するポイントとしては、「搭乗券の受け取り方法」は「モバイル搭乗券を送付」を選択してください。

間違ってPDFを送付するようにしてしまうと、Apple Watchで搭乗券が利用できません。

2. 搭乗券をiPhoneのWalletに追加


チェックインが終わると、Webにて搭乗券を表示できるようになります。

iPhoneSafariで表示するとこんな感じ。

ここで、「Walletに保存」をタップすると、iPhoneのWalletに搭乗券を追加することができます。

Wallet側の搭乗券はこんな感じ。

iPhoneのWalletに搭乗券が追加されたと同時に、Apple WatchのWalletでも搭乗券を表示できるようになります。

この画面を下にスクロールすれば、QRコードが表示されます。

画面の明るさは、QRコードリーダーが読み取れるよう自動調節してくれます。

3. いざ搭乗!


ここから紙の搭乗券と同じですね。

私は預け荷物が無かったので、そのまま保安検査場へ。

特に何事もなく飛行機に乗ることができました。

感想


今回初めて紙以外の搭乗券で飛行機を利用したので、電子デバイス間同士での比較はできないのですが、やっぱりiPhoneなしで色々できるのは便利ですね。

ただ、冬場は上着でApple Watchが隠れていて、服をまくるのがちょっと面倒ですけど。

それに加えて、Jetstarは搭乗口でWalletの搭乗券を確認したあと、紙の搭乗券を発行するという謎仕様です。

とにかく、Apple WatchでもJetstarは利用できました!

おわり。

P.S.


もう高速バスには戻れなさそうです。

iPhoneXを1日使ってみて、速攻で返品したお話

こんにちは。

私の住んでいる京都では、紅葉がそろそろ見頃です。

今日は発売されたばかりの「iPhoneX」を発売日の翌日に返品したお話です。

iPhoneX の第一印象


第一印象は、「やっぱり画面が大きい!すごい!」でした。

上のノッチは気になるものの、ブラウジングがすこぶる快適。

FaceIDもちゃんと使えるし、向こう2年くらいは頑張っていただきたい、と思っていました。

しかし...

結局返品を決意、そしてその理由


はい、結局発売日の翌日にAppleに送り返してしまいました。

手に入っていない方、本当に申し訳ないです。

ただ、こんなにソッコーで返品を決めた理由は、色々あるんですよ...

1. 操作方法が「ホームボタンをなくしたこと」のアンサーになっていない

まずはこれです。

iPhoneXからは画面下側のインジケータを基本としてジェスチャー操作が展開していきます。

しかし、これが「ホームボタン滅却」に対するアンサーになっていないんですよ。

画面の一番下まで親指を伸ばすことを日常的に行うのはそれなりに苦痛でしたし、ホームボタンでの操作より「便利」になったとは思えませんでした。

ホームボタンがないから仕方なくジェスチャー操作を追加した、という感じです。

2. FaceID、テメーはダメだ

これが一番大きな理由ですね。

Twitterやそこらのレビューでは、「FaceIDすごい!」という意見をよく見かけます。

しかしこれ、「FaceID」の技術そのものへの賞賛であって、「認証手段」として優れていると評価しているわけではありません。

事実、認証速度はTouchIDの方が数段優れています。


また、TouchIDではロック解除の流れが、

「ホームボタンを押す」→「そのままTouchIDでロック解除」

でしたが、FaceIDを採用したiPhoneXでは、

「画面をタップ」→「下側に指を持って行く」→「上側にスワイプしてロック解除」

となってしまい、1ステップ動作が増えています。

加えて、動画の通り認証速度自体もTouchIDに劣るため、全体的なロック解除時間はかなり遅くなってしまいました。

ロック解除のための初動動作からロック解除までの時間は、手持ちのiPhone5sよりも遅いんですよ。

もっともFaceIDの劣位が明らかになる、つまりもっともイライラさせてくれるのは、ApplePayを使う時です。

TouchIDを搭載した端末なら、

「ホームボタンに指を乗せたままiPhoneを読み取り機に置く」

これだけでメインカードによる支払いができていました。

しかしFaceIDを搭載したiPhoneXでは、

iPhoneを読み取り機に置く」→「ダブルクリックと同時に顔面をiPhoneに読み取らせる」→「またiPhoneを読み取り機に置く」

2ステップも手間が増えてしまいました。

TouchIDでのApplePayはそれはそれはスマートなものでしたが、FaceIDでのApplePayは二度手間感があり、非常にイラつきました。

また、セキュリティの面でも、

  • 寝ている顔にサングラスを重ねるとロック解除された

  • 双子でない兄弟でもロック解除された

iPhone XのFace IDが双子でない兄弟の識別に失敗? - iPhone Mania

との報告があり、不安要素として残ります。

なので、FaceIDは個人的には完全に「ナシ」。

3. 有機ELじゃなくてもよかった

これは賛否両論ありそうですが、私は液晶のままがよかったな、と思っています。

スクロールはブレるわ、視野角は狭いわ、下のバーは焼きつく危険性があるわで、デメリットが非常に大きい。

そして、これらのデメリットを全て忘却させてくれるほど、画面が綺麗ではない。

特にスクロールのブレは顕著で、気分が悪くなります。

iPhoneXは「仕方ない」iPhone

ここまで散々批判してきましたが、iPhoneXの悪い面は「仕方ない」部分が多いです。

iPhoneが発売されてちょうど10年目のアニバーサリーモデルとして、世間の期待に応えるためにどうしても目新しさを演出しなければならなかった。

iPhoneXは実は2018年に発売予定で、商品の企画時間が短かったという記事もあります。

衝撃の事実。iPhone Xは2018年に発売される予定だった - Gizmodo

画面を極限まで大きくしたかったから、「仕方なく」ホームボタンを無くした。

ホームボタンがないから「仕方なく」ジェスチャー動作を導入し、「仕方なく」FaceIDを搭載した。

そういう匂いがプンプンするのがiPhoneXです。

「人柱になってでも、俺はAppleについて行く!」とおっしゃる信者の方は存在しそうですが、私はiPhoneXに14万円も払うほど盲目ではありませんでした。

これから予約する方、もう買ってしまったけど返品を迷っている方の参考になる記事であれば、と思います。

おわり。

追記

来年のiPhoneは、ぜひこのコンセプト通りに作っていただきたい!

iPhone 8コンセプトで、iOS 11ステータスバーとナビゲーションを想像 - AROUND MOBILE WORLD