いぶろぐのガジェット日記

いぶろぐのガジェット日記

ガジェット関連の記事を、ぽつらぽつら更新します。

iPhoneXを1日使ってみて、速攻で返品したお話

こんにちは。

私の住んでいる京都では、紅葉がそろそろ見頃です。

今日は発売されたばかりの「iPhoneX」を発売日の翌日に返品したお話です。

iPhoneX の第一印象


第一印象は、「やっぱり画面が大きい!すごい!」でした。

上のノッチは気になるものの、ブラウジングがすこぶる快適。

FaceIDもちゃんと使えるし、向こう2年くらいは頑張っていただきたい、と思っていました。

しかし...

結局返品を決意、そしてその理由


はい、結局発売日の翌日にAppleに送り返してしまいました。

手に入っていない方、本当に申し訳ないです。

ただ、こんなにソッコーで返品を決めた理由は、色々あるんですよ...

1. 操作方法が「ホームボタンをなくしたこと」のアンサーになっていない

まずはこれです。

iPhoneXからは画面下側のインジケータを基本としてジェスチャー操作が展開していきます。

しかし、これが「ホームボタン滅却」に対するアンサーになっていないんですよ。

画面の一番下まで親指を伸ばすことを日常的に行うのはそれなりに苦痛でしたし、ホームボタンでの操作より「便利」になったとは思えませんでした。

ホームボタンがないから仕方なくジェスチャー操作を追加した、という感じです。

2. FaceID、テメーはダメだ

これが一番大きな理由ですね。

Twitterやそこらのレビューでは、「FaceIDすごい!」という意見をよく見かけます。

しかしこれ、「FaceID」の技術そのものへの賞賛であって、「認証手段」として優れていると評価しているわけではありません。

事実、認証速度はTouchIDの方が数段優れています。


また、TouchIDではロック解除の流れが、

「ホームボタンを押す」→「そのままTouchIDでロック解除」

でしたが、FaceIDを採用したiPhoneXでは、

「画面をタップ」→「下側に指を持って行く」→「上側にスワイプしてロック解除」

となってしまい、1ステップ動作が増えています。

加えて、動画の通り認証速度自体もTouchIDに劣るため、全体的なロック解除時間はかなり遅くなってしまいました。

ロック解除のための初動動作からロック解除までの時間は、手持ちのiPhone5sよりも遅いんですよ。

もっともFaceIDの劣位が明らかになる、つまりもっともイライラさせてくれるのは、ApplePayを使う時です。

TouchIDを搭載した端末なら、

「ホームボタンに指を乗せたままiPhoneを読み取り機に置く」

これだけでメインカードによる支払いができていました。

しかしFaceIDを搭載したiPhoneXでは、

iPhoneを読み取り機に置く」→「顔面をiPhoneに読み取らせる」→「またiPhoneを読み取り機に置く」

2ステップも手間が増えてしまいました。

TouchIDでのApplePayはそれはそれはスマートなものでしたが、FaceIDでのApplePayは二度手間感があり、非常にイラつきました。

また、セキュリティの面でも、

  • 寝ている顔にサングラスを重ねるとロック解除された

  • 双子でない兄弟でもロック解除された

iPhone XのFace IDが双子でない兄弟の識別に失敗? - iPhone Mania

との報告があり、不安要素として残ります。

なので、FaceIDは個人的には完全に「ナシ」。

3. 有機ELじゃなくてもよかった

これは賛否両論ありそうですが、私は液晶のままがよかったな、と思っています。

スクロールはブレるわ、視野角は狭いわ、下のバーは焼きつく危険性があるわで、デメリットが非常に大きい。

そして、これらのデメリットを全て忘却させてくれるほど、画面が綺麗ではない。

特にスクロールのブレは顕著で、気分が悪くなります。

iPhoneXは「仕方ない」iPhone

ここまで散々批判してきましたが、iPhoneXの悪い面は「仕方ない」部分が多いです。

iPhoneが発売されてちょうど10年目のアニバーサリーモデルとして、世間の期待に応えるためにどうしても目新しさを演出しなければならなかった。

iPhoneXは実は2018年に発売予定で、商品の企画時間が短かったという記事もあります。

衝撃の事実。iPhone Xは2018年に発売される予定だった - Gizmodo

画面を極限まで大きくしたかったから、「仕方なく」ホームボタンを無くした。

ホームボタンがないから「仕方なく」ジェスチャー動作を導入し、「仕方なく」FaceIDを搭載した。

そういう匂いがプンプンするのがiPhoneXです。

「人柱になってでも、俺はAppleについて行く!」とおっしゃる信者の方は存在しそうですが、私はiPhoneXに14万円も払うほど盲目ではありませんでした。

これから予約する方、もう買ってしまったけど返品を迷っている方の参考になる記事であれば、と思います。

おわり。

追記

来年のiPhoneは、ぜひこのコンセプト通りに作っていただきたい!

iPhone 8コンセプトで、iOS 11ステータスバーとナビゲーションを想像 - AROUND MOBILE WORLD

UQ mobile で VoLTE対応マルチSIM にSIMカードを変更してみた

こんにちは。

台風が近づいてきてますね。

今日は私がスマホのメイン回線として契約しているUQ mobileで、SIMカードの変更を行ったのでその経過を書いていきます。

nano SIM から VoLTE用マルチSIM へ

最近iPhone5sからiPhone6sへ買い換えたため、VoLTE用SIMが使えるようになりました。

VoLTE用SIMはテザリングができるようになったり、プロファイルが不要になったりと、メリットが色々あります。

これは変更するしかない!

というわけでその方法をざっくりと。

1. My UQ mobile にてSIM変更を申請

手続きはMy UQ mobile上で行います。

ログインを済ませたら、「ご契約内容」→「契約一覧照会/変更」→「詳細へ」→「SIM変更」と進みます。

下のプルダウンで、「VoLTE用マルチSIM ver4」を選択し、「次へ」をクリック。

表示されたページで、「変更する」をクリックすれば、手続きは完了です。

SIM変更手続きには税込3240円の手数料が翌月請求されます。

手続きを済ませると、横のタブの「お申し込み状況一覧」で手続き状況のステータスが確認できるようになります。

ステータスは、「ピッキング中」→「出荷準備中」→「回線切り替え待ち」と変化します。

発送が完了すると、その旨を知らせるメールも届きます。

私は金曜日の15時頃に手続きを完了し、翌日朝に届きました。

かなりスピーディな対応だと思いますが、土日祝日に手続きを行った場合は時間がかかるかもしれません。

さて、SIMカードを受け取ったら、次はいよいよ端末に挿入しましょう。

2. 端末側に挿入

SIMカードはこのようなパッケージで配送されます。

アダプターが付いているから「マルチSIM」なんですね。

ここで一つ注意点ですが、VoLTE対応SIMを使用する場合は、au版のiPhone6sであってもSIMロック解除済みであることが必須です。

私のiPhone6sはSIMロック解除済みであるため、あとはMy UQ mobile上で回線切り替えの手続きを行うだけです。

回線切り替えは、先ほどの手続き状況のステータス画面が表示されているページで行えます。

回線切り替え後、1分ほど待つと...

無事成功!

au」ではなく「UQ mobile」のキャリア表示に変化しました。

好みが分かれそうですが、私は実際に使用しているキャリアの名前が表示される方がいいですね。

テザリングもバッチリ。


感想

手数料がちょっと高いかな、と思いますが(SIMロック解除の手数料も合わせれば6000円強)、通話中にネットができるようになったり、テザリングができるようになると思えばギリギリ我慢できる範囲です。

海外に行く予定があるので、SIMロック解除auが中古端末のロック解除を受け付けている間にやっておこうと思っていましたし。

それにしても、UQ mobileの手続きスピードには脱帽です。

おわり。

P.S.


iPhone5sからiPhone6sに乗り換えると、処理速度の違いに驚きますね。

2年も前のモデルですが、あと3年くらいは使えそう...

【Hackintosh】iMovie、FCPX、写真アプリ で動画の書き出しができない場合の対処法

こんにちは。

最近雨が続いてますね。

今日は私のHackintosh(macOS High Sierra)で困ったことが起こったのでその対処法を備忘録。

FCPXや写真アプリでも有効な対処法です。

なお、SMBIOSをMacProに設定している方は関係ないかと思います。

iMovieで書き出しができない

先日、普段は滅多にしない動画編集をしました。

その際iMovieにて編集したのですが、肝心の書き出しを行おうとすると、

「unrecognized selector sent to instance」

とのエラーメッセージが出て、書き出しができないじゃありませんか。

海外でも同じく困っている方を見つけました。

[success] AMD RX 480 8 GB + MSI H110M Gaming + Skylake i5 6500 - tonymacosx86.com

このサイトには、「Sierraならいけたぜ!」という書き込みがありましたが、ダウングレードはめんどくさい...

原因は「Intel HD Graphics」

先に原因を書いてしまうと、SMBIOSがMacPro以外の場合、外部グラフィックが搭載されていても、動画の書き出しにIntelの内蔵グラフィックを補助的に使用する構造になっているようです。

私はSMBIOSをiMac14.2に設定し、Intel内蔵グラフィックをBIOSで切ってRX480だけ使いようにしていたので、エラーが出たんですね。

本来なら切る必要はないんですが、Intel内蔵グラフィックを有効にしているとデュアルブート先のWindowsの画面が表示されなくなるため、やむなく切っていました。

で、結局以下のようにして無事iMovieで書き出しできるようになりました。

前半のWindows部分はmacOSだけ使っている方は無視してください。

  1. ディスプレイを内蔵グラフィック側のポートに接続

  2. BIOSにて、Intel内蔵グラフィックを有効化

  3. Windowsにて、Intel HD Graphicsのドライバーを削除

  4. Windowsのデバイスマネージャで「Microsoft基本ディスプレイアダプター」を無効化(これでIntel内蔵グラフィックを有効にしていてもWindowsを起動できます)

  5. macOSにて、EFI/CLOVER/Kext/10.13にIntelGraphicsFixup.kextをコピー

  6. Intel内蔵グラフィックに合わせてconfig.plistを編集(ig-platform-idや、Inject-Intel)

  7. ディスプレイをグラボ側に接続

以上で無事書き出しできるようになりました。

本来のiMacの構成により近くしてやればいい、ということですね。

おわり。

P.S.

この作業で、今までフリーズしていたスクリーンセーバーも動くようになりました。

実機とできるだけ構成を合わせるって大切ですね。

Noctua D9L に Noctua NF-A9 を追加してデュアルファン化した

こんにちは。

ここ数日でかなり肌寒くなってきましたね。

今日は季節外れのパソコン熱対策を行ったので、それについてつらつらと書こうと思います。

Noctua D9L のデュアルファン化

"Noctua D9L"はサイドフロークーラーの中では異次元の110mmという高さを誇るクーラーですが、ファンが真ん中に一つしかなく片方のヒートシンクが冷えにくい構造になっています。

私の環境ではGPUの真下に冷えない方のヒートシンクが配置されるので、冷えるかな?と思いつつ今まで使ってきました。

実際には特に問題なかったのですが、せっかくデュアルファンにできるならやってしまいたいのがジサカーです。

というわけで早速やってみました。

Noctua D9L × NF-A9

追加するファンは統一感を重視してD9Lに標準搭載されている"Noctua NF-A9"を選択。

ファン本体はこんな感じ。回転数を抑えることができるローノイズアダプターもついていました。

クーラー本体を買った時についていたファン取り付けのための金具。箱ごと捨ててしまったかと思って焦りました。

取り付け後。

ちなみに、私は真ん中ファンの下側の補強部分(上の写真の赤丸部分は上側です)を2つ改造(というより破壊)しています。

この部分がヒートシンク固定ネジと干渉して、低い位置にファンを取り付けできなくなるからです。

温度変化

Project Carsを1分間プレイした後のCPU温度を比較してみました。

シングルファン デュアルファン
温度 56℃ 51℃

また、最低温度も比較しました。

シングルファン デュアルファン
温度 37℃ 31℃

感想

思ったよりもよく冷えるようになりました。

ファンの音量も全く変化を感じませんし、めでたしめでたし。

Jonsbo RM2でのパーツ配置も、だいぶ熟してきた感じです。

おわり。

macOS 10.13 High Sierra では Fiji GPU を搭載した R9 Fury/Fury X/Nano が動かないみたい

こんにちは。

macOS 10.13 High Sierra"がいよいよ明日リリースです。

今日は勇み足でベータ版にアップデートした私の失敗談です。

macOS 10.12 Sierraでは問題なかったのに…

現在、私のPCのグラボは"Radeon R9 Nano"です。

ちっちゃいけどワッパはPolaris同様、VR Readyなすごいやつ。

Vegaが盛大にコケた今、Radeonの中ではかなり優秀な部類に入るのではないでしょうか。

そんなNano、macOS Sierraではkext書き換えできちんと動いていたんですが、High Sierraにアップデートしてから動かなくなってしまいました…

High Sierraでは専用kextが用意されているのに…

実は、High SierraではFiji GPU用に、

  • AMD9300Controller.kext

  • AMDRadeonX4500HWServices.kext

この二つのkextが追加されています。

macOSRadeon用ドライバー一覧はこちら。

NEW amd drivers in 10.13 - netkas.org

にも関わらず、なぜかFijiが動かないみたいです。

海外フォーラムでも話題になっているっぽい。

Fury X and High Sierra - insanelymac.com

原因として考えられること

1. High Sierraから導入された「Secure Kernel Extension Loading」のせい

High Sierraからは、サードパーティ製のkext動作を抑制する「Secure Kernel Extension Loading」なる機能が追加されています。

Apple、macOS High Sierraでサードパーティ製カーネル拡張KEXTのロードを抑制する「Secure Kernel Extension Loading」機能を導入。 - AAPL Ch.

この機能が、Appleの署名がない改変kextのロードを抑制している説。

しかし、システムレポートの機能拡張欄では、SierraもHigh Sierraも改変kextに対して「読み込み済み」と表示されており、その他の表示も同じだったため、本当にこの機能のせいなのかはよく分かりません。

どちらもこんな表示となっています。

2. Appleが意図的にFijiの動作を制限している

今の所、これが一番有力なんじゃないかな、と思います。

SierraのkextをHigh Sierraに移動しても動作しませんでしたし、どこかでAppleが制限をかけているのかな、と。

だとしたら正式版で制限を解除していただきたいですね。

※2017.9.26 追記


リリース版でも動きませんでした。残念。


High Sierraにアップデートしたかったのに…

現状、どう頑張っても動かないみたいなのでHigh Sierraへのアップデートは諦めています。

こんなことならRX580を買っておけばよかった…

いやでもマイニングブームで価格高騰してるしな…

おわり。

私がApple Watch Series3 を買わないで Series2 で我慢する理由

こんにちは。

Apple Watch Series3"が発売されました。

LTE通信機能が追加されたのが大きな進化ですよね。

今日は貧乏な私が、Series3の買い替えを見送る理由をだらだらと書いていきます。

大前提:金がない

当然ですよね…

金があれば新しいものに買い替えるに越したことはありません。

お金がないけど買い替えようかな…と迷ってる方の頭を冷やす記事になれば、と思います。

1. LTE、いる?

いきなり今回の目玉機能を否定してしまいました。

私自身、1年弱Apple Watchを使ってきて、「単体通信できると便利そうだな」と思った場面は、

以上です。

理由はいくつかあります。

  1. 電話をしない
  2. 通知が来た後のアクションをApple Watch単体で行えるほど、アプリが充実していない
  3. そもそもiPhoneをいつも持ち歩いている

これに加え、LTE単体通信はバッテリーをより消費する(通話は1時間程度でバッテリー切れ)ことなどから、現時点ではLTE機能に魅力を感じていないのが本音です。

2. 処理速度が速くなってるけど…

iPhoneApple Watchでは決定的に違うことがあります。

それは、「アプリを使う時間」です。

iPhoneの場合、「ロック画面の通知を見る時間」と「アプリを使っている時間」では、後者の方が長いと思います。

しかし、Apple Watchの主な使い方は、前者の「ロック画面を見る」なんですよ。

腕を傾けて時間を見る、予定を見る、アクティビティ状況を見る…

全て、Apple Watchの文字盤を見るだけで行えます。

そして、反応が必要な通知が来れば、iPhoneを取り出してアプリを起動する、というのが今の私の使い方です。

これは、LTEの部分でも述べたアプリの充実度が低いこと、iPhoneに比べて画面の操作性が悪いことからくる差だと思います。

したがって、アプリの起動速度向上はiPhoneのそれに比べてメリットが小さい、と言えます。

また、アプリを使うにしても、Apple Watchで日常的に使用するアプリはDockに入れておけば、メモリに保存されて瞬時に起動できます。

以上のことから、私はApple Watchの処理速度向上にも、あまり魅力を感じていません。

3. MVNOLTE機能は使えない

現状、MVNOではeSIMに対応できないため、Apple WatchLTE機能は使えません。

今更プランも複雑でなおかつぼったくり価格なキャリアに戻りたくないです。

4. Digital Crownの赤ポッチ、ダサくね?

これは人によって感じ方が違うと思いますが、私はSeries3の現物を見て、「ダサッ!!」と思いました。

写真ではマットな雰囲気ですが、実際はエナメル感のあるテカリがあります。

一目でセルラーモデルのSeries3だと分かるようにするためのデザインだと思いますが、もう少しマシな形で世に出せなかったのか…

結局、今のApple WatchiPhoneの「出張通知センター」でしかない

以上、Series3を買わない言い訳をだらだらしてきました。

新規にApple Watchを買う方は、「LTEで通信できるからiPhoneが要らないぞ!」と思うかもしれませんが、そんなことは全くありません。

今、Apple Watchを買って満足できる機能は、

  • iPhoneの通知センター機能を瞬時に享受できる

  • Apple Payが使える(Series2以降)

  • アクティビティログが取れる

この3つ。

Apple WatchiPhoneに取って代わるには、ディスプレイが空間に映し出されるような技術が搭載されるか、音声入力がもっと普及する必要があると思います。

最後に一つ。

Apple Watch Series3欲しい〜〜〜〜!!!!

おわり。

Macの「Apple Watchでロック解除」の設定がうまくいかない!

なんでやねん…

こんにちは。

Apple Watch Series3が発売されましたね。

貧乏学生の私はまだまだSeries2で我慢です。

今日はタイトル通り、Macの「Apple Watchでロック解除」の設定がうまくいかない場合にやってみたことを書いておきます。

Apple Watch"のBlueToothはなんか変

まずはApple WatchBlueTooth関連のバグをご紹介。

  • BlueToothヘッドフォン、イヤフォンにiPhoneが接続されている場合、シームレスにヘッドフォン、イヤフォンに接続させることができない

  • カーナビと接続できない(相性が悪い場合)

  • Macのロック解除機能を設定できない

こんなところです。

今回はこのうち3つ目の問題を解決すべく、Apple Watchと戦った記録を残しておきます。

1. iCloudに再ログイン

  • 結果:残念

MaciPhoneiCloudに再ログインしましたが、ダメ。

2. デバイスを再起動

  • 結果:残念

MaciPhoneApple Watchをそれぞれ再起動しましたが、ダメ。

3. watchOSをリセット

  • 結果:残念

WatchアプリからOSのリセットを実行し、iPhoneと再ペアリングしましたが、ダメ。

4. MacWi-Fiで接続

  • 結果:残念

普段はMacを有線で繋いでいるので、無線に切り替えましたが、ダメ。

5. iPhoneBlueToothをオフ

  • 結果:惜敗

前述のイヤフォン問題はこれで解決できます。

ロック解除問題もこれでいけるか、と思い試してみると…

見事成功!!

しかし、他のMacでは成功しなかったため、完勝とはいかず。

6. ほっとく

面倒になったので、3日ほどほったらかしにしてiPhoneBlueToothをオフにした上でもう一度挑戦すると、なぜか成功。

結局どうすればいいのか

  • 答:わかりません

はい、今回の結果からでは全くわかりません。

ただ、iPhoneBlueToothをオフにしておくことは効果的なのでは、と思います。

Apple Watchでロック解除」の設定がうまくいかない方は、5か6を試してみるといいのではないでしょうか。

Apple Watchでロック解除、便利です。

おわり。