いぶろぐのガジェット日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いぶろぐのガジェット日記

ガジェット関連の記事を、ぽつらぽつら更新します。

【SST-SX500-LG】セミファンレスのSFX-L電源で騒音対策

はじめに


めちゃめちゃ寒くて困っている今日この頃です。


エアコンなしで頑張っているのですが、いい加減キーボードを打つ手が厳しくなってきました...


末端冷え性には辛い季節です。


今日は先日組んだPCの電源を入れ替えたお話です。


騒音に苦しむ日々


私が今回電源を交換するまで使用していた電源はSilverstoneのSST-ST45SF-Gです。


使っていた当初はそれほど気にならなかったのですが、音楽や動画を鑑賞していると、


「ウワアアァーーーーン」


という音が響き渡っている事に気づきました...


一回気になってしまうともう気になって仕方がない。


新しい電源


そこで、なるべく静かで、SFXで、フルプラグインで、RX480も問題なく動作できる電源を探したところ、


Sliverstone SST-SX500-LG


という電源を見つけました。以下大雑把なスペック。


  • ワット数:500W

  • 規格:SFX-L(SFXより少し大きいが、高さは変わらない)

  • 変換効率:80 PLUS GOLD

  • 補助電源用8ピンx2搭載

  • セミファンレス仕様(これが決め手)


こんな感じ。その気になればSLIやCFXもできる電源です。


ちょっとお値段が張りましたが、電源をケチるといいことがないのでポチり。


組み立て


当日お急ぎ便でその日のうちに届きました。



早速組み込んでみました。



これでも結構ケーブルの取り回しを工夫しました...


少しはエアフローがよくなったはず。


ちなみに、SST-SX500-LGのケーブルは、SST-ST45SF-Gのものより柔らかく、配線しやすいです。


感想


めちゃめちゃ静かになりました。


実は電源を交換する前に、CPUファンを交換して騒音対策をしたのですが、ほとんど騒音が変わりませんでした。


それだけに今回の変化はとても感動しました。


また、SFX電源のファンは92mmなのに対し、SFX-L電源のファンは120mmなので、ここにも騒音の違いがあると思います。


騒音で悩んでいる方は、ぜひセミファンレス仕様のSFX-L電源を検討してみてはいかがでしょうか。


ではまた。


P.S.


今回電源を交換するついでに、光るマザーボードが鬱陶しく感じていた(ケースから光が漏れ出ている)ので、ビニールテープで光っている部分を塞いでみました。


するとなんということでしょう...光源はマザーボード裏のLEDでした...


取り付け後に気づきましたが、後の祭りですよ。


元気な時にまた塞ぎます。