いぶろぐのガジェット日記

いぶろぐのガジェット日記

ガジェット関連の記事を、ぽつらぽつら更新します。

Apple Watch で Jetstar に乗ってみた

こんにちは。

いよいよ年末が近づいてきました。

本日はApple WatchでJetstarを利用したお話です。

チェックイン〜搭乗までの流れ


福岡まで行く用事ができたので、初めてLCCを使ってみました。

今までは高速バスで京都〜福岡間を片道10時間くらいで移動していたのですが、流石にキツくなってきたので今回は飛行機で行こうかなと。

国内線は高校時代の修学旅行以来ですね。

1. モバイルチェックイン


Jetstarは出発時刻の48時間前からJetstarのアプリ上でモバイルチェックインというものが利用できます。

モバイルチェックインが可能になるとJetstarアプリに通知が来るので、案内通りに進めればチェックインできます。

注意するポイントとしては、「搭乗券の受け取り方法」は「モバイル搭乗券を送付」を選択してください。

間違ってPDFを送付するようにしてしまうと、Apple Watchで搭乗券が利用できません。

2. 搭乗券をiPhoneのWalletに追加


チェックインが終わると、Webにて搭乗券を表示できるようになります。

iPhoneSafariで表示するとこんな感じ。

ここで、「Walletに保存」をタップすると、iPhoneのWalletに搭乗券を追加することができます。

Wallet側の搭乗券はこんな感じ。

iPhoneのWalletに搭乗券が追加されたと同時に、Apple WatchのWalletでも搭乗券を表示できるようになります。

この画面を下にスクロールすれば、QRコードが表示されます。

画面の明るさは、QRコードリーダーが読み取れるよう自動調節してくれます。

3. いざ搭乗!


ここから紙の搭乗券と同じですね。

私は預け荷物が無かったので、そのまま保安検査場へ。

特に何事もなく飛行機に乗ることができました。

感想


今回初めて紙以外の搭乗券で飛行機を利用したので、電子デバイス間同士での比較はできないのですが、やっぱりiPhoneなしで色々できるのは便利ですね。

ただ、冬場は上着でApple Watchが隠れていて、服をまくるのがちょっと面倒ですけど。

それに加えて、Jetstarは搭乗口でWalletの搭乗券を確認したあと、紙の搭乗券を発行するという謎仕様です。

とにかく、Apple WatchでもJetstarは利用できました!

おわり。

P.S.


もう高速バスには戻れなさそうです。